FC2ブログ

2020.9.2 寺下雅一写真展 ミンガラーバ! ミャンマー・レイルサイドストーリー 拝観!!

2020.9.2 寺下雅一写真展 ミンガラーバ! ミャンマー・レイルサイドストーリー 拝観!!

まず会場に行ってビックリ!!壁面を埋め尽くす作品群の圧倒的ボリュームに驚嘆の声を上げてしまいました!!
今まで見た写真展の中で、もしかしたら一番臨場感があるのかもしれません!!
題名が表しているとおり、まるでミャンマーの線路端にいるような錯覚に陥ります!!
ミャンマーの雑踏のBGMもまた秀逸の様です。一時間ほどまったりと滞在してしまいました・・・。

_convert_20200903164732.jpg

IMG_8469_convert_20200903172609.jpg

IMG_8467_convert_20200903172651.jpg

IMG_8468_convert_20200903172732.jpg

IMG_8470_convert_20200903172838.jpg

帰宅後、僕も微力ながら海外鉄の濃い友人に、この写真展を宣伝してみました!!

おかげさまでだいぶ刺激を受けて帰宅しました。2022年には僕も写真展を開催したくなりました!!

参考までに僕が23年前の1997年にミャンマーを訪れたときの画像添付します。

あちきのミャンマー旅行記は、弊ポンコツブログ“蒸気機関車 SOUL TRAIN’s”のミャンマー・蒸機から覗いてみてください!!


情報量が少ないミャンマーでの撮影は至難の業で、軍事政権時代で各地で民族紛争が勃発している為、撮影にかなり制約された思い出があります。

_MG_6479_convert_20200830083654.jpg

_MG_6495_convert_20200830123028.jpg

_MG_6497_convert_20200830123128.jpg

_MG_6510_convert_20200830123148.jpg

_MG_6503_convert_20200830123319.jpg


画像が良かったらポチッとお願いします。
日々のブログ更新の励みになります!!
やる気を出して、どんどん画像をUPするきっかけになるかもしれません!!
これからも、弊ポンコツブログ“蒸気機関車 SOUL TRAIN’s”よろしくです!!


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
たまには、ぽちっと、お願いします!!



もう一つの、あちきのポンコツブログたまには遊びに来てくださいませ!!

IMG_8039_convert_20200822122110.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 髙野さま 自分も先週土曜日に出掛けました。 圧倒的な画像の洪水でしたね。
罐が撮りたくて渡航していた身としては、視点に驚くばかりでしたよ。 2022の火災予定ですか 楽しみにしております。 まだまだ 残暑やコロナ・台風と気を付けないとなりませんが、ご自愛下さいね。 米屋さんのも凄かったけどオリンパスギャラリ-は鉄道写真展としては初めての様な気がしますね。

Re: No title

koppel-2 様 こんにちは

まさに画像の洪水ですね!!臨場感には脱帽です!!まさに風太郎ワールド炸裂です!!コロナ問題で呑めないのが残念です。
2022年。4度目の個展開催します。過去のデーマが「海外蒸機・銀塩」「特雪・銀塩」「群馬観光SL・デジタル」なので次は、銀塩でしょう!!期待しないでお待ちくださいませ!!

有り難うございます。

ご紹介有り難うございます。

過分なお褒めは気恥ずかしくもありますが、展示方法を始め意図した事が伝わっているようなのは素直に嬉しいですね。
初対面の方にはこの写真展の事を何処で知ったのか聞いているのですが、飛び交うSNSやブログ情報を見てという方の多い事。
もはやハガキのダイレクトマーケティングという時代ではありませんな。
それでも次々とハガキを持って帰られ、もう無くなりそうなのはハガキに別の意味もありや。
それぞれの机の上で皆の元気が出るなら、ファンキーなおばちゃんも喜んでるかも。

1990年代のミャンマーで蒸気を撮ったという方も見えていますよ。高野さんのお名前は誰もが知ってるようですね。
しかしこの青いバス改造気動車みたいなのは何ですか。仰天のゲテモノ振りですね。

個展、大いに楽しみにしていますよ!





Re: 刺激は人生にとって必要十分条件なのです。

風太郎さま

写真展ミンガラーバ!の刺激は充分に頂きました!!ありがとうございます!!
僕の現在の持ちネタから、国内にするか国外にするか?どのカメラメーカーの、どんな時代の内容に設定にするか大いに悩むところです。が、しかし、いずれにしろ4度目の個展は2022年に必ずやります!!
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31