FC2ブログ

“国鉄時代Vol.39”

掲載誌

毎号、発売を楽しみにしているネコパブリッシング発行の“国鉄時代”は現役蒸機時代にタイムスリップします。
9月20日発売の“国鉄時代Vol.39”の山下修司編集長のコラム“「国鉄時代」徒然草39”では“勝利6形”と題して
いまから28年前の1986年12月の中国東北地方の蒸機撮影のお話でした。

掲載誌

彼の中国蒸機撮影スタイルの凄い所は、全行程、通訳&ガイドなしの“自由旅行”な点です!!
当時の中国で一番苦労するのが移動の為の鉄道切符の購入です。
長距離列車の切符の購入は時間が掛かり通常の鉄ならめげてしまいます。

僕の場合、通訳有の手配旅行でした。

彼と目的は同じで吉林エリアの“勝利6形”撮影でした。
彼と吉林で何日か一緒に撮影し別れました。(当時の僕のお話が少しだけでてきます)

冬になると、あの厳冬の中国で若き日の山下修司編集長との出会いは忘れることが出来ません。
もう28年前のお話です。
あの頃は、冬になると中国(旧満州エリア)の撮影が待ち遠しかったことを思い出します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31