2015.1.10 C622“スワローエンゼル”に逢いに行く!!

保存
2015.1.10 C622“スワローエンゼル”に逢いに行く!!
急遽所用で京都に行くことになりました。
用事は午前中であっさり終わりました。せっかく京都にまで来て後は東京に帰るだけ。
ならば午後から“梅小路機関車館”へ汽車見に行かねばなりません。
調べてみると17時からライトアップがあるそうです。

最後に梅小路を訪れたのが、1982年の8月ですから実に33年振りの訪問です。
当時の記録では有火はC56160とC612でした。

僕は残念ながらC62重連・急行「ニセコ」を見たことがありません。(1971年9月15日運転を最後にDL化)
僕がやっと渡道できたのが1972年の8月でした。(中学三年)

1972年8月27日には“鉄道100年記念・さよならC62”が小樽-岩見沢間でC622+C623の重連で運転され
何とか撮影ができました。(C622は1972年秋に梅小路へ移動)

僕が動くC622を見たのが実に43年振りで、感動すら覚えました。
梅小路機関車館に来て本当によかったと思いました。

保存
2015.1.10 C622“スワローエンゼル”に逢いに行く!!
狙いは、午後15:30に“SLスチーム号”の運転の後に行われる転車台での回転です。
運が良ければ冬の斜光線に浮かび上がるC622が撮れるはずです。

イメージどおりの絵図らを抑えてたので、腹ごしらえでもして夜のライトアップを待つことにしましょう。

こんな裏話スワローエンゼルの名付け親もおもしろいかもしれません。

本日も僕のブログを検索して頂きありがとうございました。
毎日更新しますので、今年もよろしくお願いします!!
蒸機鉄の“一期一会”を楽しみましょうョ!!
日本ブログ村に参加しました。よろしければ“ポチッ”お願いします!!
この“ポチッ”の先には、多くの素晴らしいブログがあります。
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -