昭和レトロ “ちいさな琺瑯看板”

昭和
昭和レトロ “ちいさな琺瑯看板”
大変貴重な右書きの“區田神”の町名看板です。
東京35区時代のものです。1932年(昭和7年)~1947年(昭和22年)の70年以上前の町名琺瑯看板です。

昭和
昭和レトロ “ちいさな琺瑯看板”
これは琺瑯製では無くアルミ製ですが旧町名探しマニアの間では結構重要な役割を果たします。
通称“デンリョク”と呼ばれています。
現在は西新宿1丁目ですが1970年(昭和45年)まで角筈(つのはず)町でした。

昭和
昭和レトロ “ちいさな琺瑯看板”
右書きなので恐らく戦前の看板です。東京の局番も二桁時代です。

鉄道の歴史を調べるのも楽しいですが、東京の歴史散策も楽しいですヨ!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -