1992.1 “蒸機王国”インド

インド
1992.1 “蒸機王国”インド
この蒸機のシルエットを見て“WP型”と解った方は鋭い!!
日本式:2C1 ホワイト式:4-6-2 アメリカ式:パシフィツク

この頃は正直言って中国蒸機にはまっており、インド蒸機にはあまり興味がありませんでした。
なにしろインドのどこに蒸機がいるのか全く分かりませんでした。とにかく情報が無いのです!!
暑い国なので煙も期待できません。旅行のスタイルもわかりませんでした。

貧しい知識の中で分かった事は、インド国鉄は三種類のGaugeによって運行されていたのです。
Broad Gauge(1676㎜)、Meter Gauge(1000㎜)、Narrow Gauge(610㎜&762㎜)。
なんだか面白そうな国だぞ?とにかく行ってみるか!!単純な動機でした。

インドを初めて訪れたのが1989年9月でした。
旅行社から借りたインド時刻表のコピーを頼りに、ナローゲージの多いインド西部を狙いました。
連日の暑さや、下痢や大量の蚊襲撃と戦いながら撮影しました。
場所によっては撮影禁止で機関区から追い出されたり、安宿の居住性も最悪でした。
物乞いや、群衆に囲まれるインドショックの洗礼も見事に受けました。
しかし、初めてのインド旅行の蒸機撮影結果はバッチリでした。

本来ならインドなんて二度と行くか!!となるところですが、答えは全く逆でした。
“蒸機王国”インドに見事にはまってしまいましたトサ!!

これから暑くて永いインド蒸機撮影の修行とも思える旅が始まりました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -