2013.4.21 磐越西線 “菜種梅雨の阿賀野川深戸橋梁”  

磐西
2013.4.21 磐越西線 “菜種梅雨の阿賀野川深戸橋梁”  
この橋梁も俯瞰・サイド・正面とあらゆる方向から撮影できる有名撮影地だ。
桜・向日葵・古い農家と魅力的アングルが点在する。
特に雨交じりの気温の低い日はサイドが素敵なのだ。

何が何でも行け!!全てを捨ててでも行け!!
今、蒸機鉄の旬の話題は“磐西D51+旧客”だ!!
本来なら試運転と本運転に行くはずだったが、残念!!所用が優先されたのだ。

撮影に行く行かないの選択は自己の状況による。
何が何でも行かなくてはならないプライオリティは低かったのかもしれない。

かつて、数々のファイナルカウントダウンを体験した。
1975年。国鉄蒸気機関車の終焉。
1999年。世界の蒸気機関車の終焉(なかなか年号を指定しにくい)。
冷静に考えればアホだが、何かに夢中になることが出来たことは幸せだったのだろう。

当時の僕は“何が何でも行け!!全てを捨ててでも行け!!”だったのだ・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -