2015.4 たまには近所の話題でも “高輪周辺”&“きたなシュラン”

レトロ
GW前に“蒸機”の話題では無く“東京&昭和”の話でも大サービスしましょうか?

ここは“高輪摩天楼”。正体は“高輪消防署二本榎出張所”。
時は1933年(昭和8年)落成。当時はここの火の見やぐらから東京市全体を見渡せたそうだ・・・。

2015.4 たまには近所の話題でも “高輪周辺”&“きたなシュラン”
気分転換と運動(ウォーキング)を兼ねて“東京オタッキー散歩”に出かける。
勿論いくつかのテーマも同時に消化するのだが。
東京の街は坂道が多く程よい運動になるのだ。坂道フェチの“タモリ”大先生のジャンルは犯すまい。
高輪の街は新旧が交差する不思議なエリアだ。散歩している大型犬もハイソなのだ。
この街に住んでみたいと言う僕の願望は、生涯叶うことはなさそうなのだ!!

レトロ
何だこれ!!?正に時代のエアーポケットなのだ!!
『區芝』 豊岡町六十一番地 『素の味』 実にシブイ!!レトロ町名琺瑯看板なのだ!!
芝区とは1878年(明治11年)から1947年(昭和22年)にかけて東京に存在した区だ。
※ちなみに“廣田先生”の生家は隣の町会の『芝區三田綱町』なのだ。
現在の住所は魚籃坂近くの港区・三田なのだ。

レトロ
2020年に品川~田町間に開業予定の駅。
高輪駅にはならないと思うが?・・・。僕の予想は4番人気の『東京サウスゲート駅』ではないだろうか?

レトロ
品川駅はなぜか港区高輪三丁目なのだ!!知ってました?
品川駅東口に林立するオフィスビル街のすぐ近くに“天華”はある。
そこは正に昭和の、のれんが旗めいていたのだ!!

レトロ
一度は食べたかった名物“コショウラーメン”800円。
タンメンに大量のコショウがのっているのだ。おためしあれ!!

レトロ
お~っ!!随分シブイ店だと思ったらやっぱり“きたなシュラン”か!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -