1999.2.1 フィリピン  “DANAO” ネグロス島の楽園

フィリピン
1999.2.1 フィリピン  “DANAO” ネグロス島の楽園

ネグロス島滞在期間中は、バコロドの同じホテルに滞在しました。理由は車の運転士の能力です。
彼は蒸機撮影を良く理解してくれました。レンタカーの存在しないエリアの海外蒸機の撮影は車の運転士の
能力が撮影を大きく左右します。

この日は、朝5時起床でバコロドのホテルを5時40分に出発しました。“DANAO”まで車で約3時間かかります。
“DANAO”は既にDL化が終了しており、DLの予備機で№8がたった一輌在籍していました。
理由は良くわかりませんが、事前情報通りに予備機の№8が走るそうです。

事務所のあるヤードでは既に№8がスチームアップしていました。
ヤードと庫を見渡すと、蒸機の廃車体が目につきます。確認するとこの時点で動くことのできる蒸機は№8一輌だ
けで、しかも予備機扱いでした。

早速№8牽引の牽引する空台車に乗ってフィールドに出でます。
しばらく走ると、丘陵地帯の線路の両脇が人工的に区画整理された湖に出ました。海老の養殖場でしょうか?
製糖工場専用線で初めて見る景色に狂喜乱舞しました。
是非ここで“シュガーケイン・トレイン”を狙うことにしましょう。

この年の“ネグロス島”の蒸機撮影は非常に満足でした。世紀末のネグロス島蒸機の断末魔を撮影出来ました。
後にも先にも、この年がベストでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -