1993.4 インド・パンジャーブ州 “ようこそターバンと蒸機の国へ” 

インド
1993.4 インド・パンジャーブ州  “ようこそターバンと蒸機の国へ” 
22年前のGWはインド・パンジャーブ州にいました。
英国人ルース・キングからパンジャーブ州にはWL型が活躍している情報を得たからです。
情報は正確でした。WL・WP・WGと大型蒸機を堪能することが出来ました。

僕の思い描くインド人のイメージは“ターバンと髭”です。
ところがインドで“ターバンと蒸機”撮影を試みましたがなかなかうまく行きません。
後で知った事ですが、インドの全人口の80.5%が“ヒンドゥー教徒”です。 

実は頭にターバンを巻いた人々は少数派の“シク教徒”で全人口の1.9%でした。
“シク教徒”はパンジャーブ州に多く住んでいるそうです。
WL牽引の列車に乗りました。車内でカラフルなターバンを巻いたシク教徒の学生に声を掛けました。
これで“ターバンと蒸機”のインドらしい画像の出来上がりです。

インド
ご存知“タイガー・ジェット・シン”はパンジャーブ州出身の有名悪役レスラーです。
それにしても彼の試合は無茶苦茶でした。必ずサーベルを凶器として流血試合にもちこみます。
“タイガー・ジェット・シン”は大の親日家としても知られています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -