2013.5.5 上越線 “新緑の諏訪峡” 消える撮影地

上越
2013.5.5 上越線 “新緑の諏訪峡” 消える撮影地
諏訪峡と淡いS字カーブを俯瞰する有名撮影地です。
この撮影地も20年前は手前のカーブまで見渡すことが出来ました。毎年毎年樹木が伸びて、今は手前の直線
区間までしか見えません。大規模伐採が無い限り、あと10年で、この撮影地は消える運命にあります。

あきる野市「瀬音の湯」へ行ってきた
東京都にもいくつかの温泉があります。「瀬音の湯」は2007年にオープンした温泉施設です。
アルカリ度が強くぬるぬる感は抜群です。ph10.1は驚異的な数値です。
但し土日祝、夏休みは大変混雑し入湯制限もあるそうです。
訪れたのは平日夕方でしたのでガラガラ状態でした。欠点はお休み処は有りません。おためしあれ!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -