2015.5 丸田祥三的 “棄景” 忘却の鉄道情景

保存
2015.5 丸田祥三的 “棄景” 忘却の鉄道情景
僕の好きな写真家で丸田祥三氏がいます。
彼の表現する“棄景” は心を打たれます。
僕と表現方法が違うのです。

僕の友人の屋鋪要(やしき かなめ)氏も全国の保存蒸機撮影でここを訪れたはずです。
ここで彼は何を感じたのでしょうか・・・。
僕が、このシュチュエーションで、もし女子高生がいれば丸田祥三的 “棄景” を撮影できたはずです。

保存
2015.5 丸田祥三的 “棄景” 忘却の鉄道情景
僕の大好きな9600型。しかし今まで見た9600の保存蒸機の中で最悪でした。
現役時代に、この蒸機は滝川機関区で廃車されたそうです。
時間が有れば僕の撮影した現役時代の画像を調べてみたいと思います。

保存
2015.5 丸田祥三的 “棄景” 忘却の鉄道情景
保存
2015.5 丸田祥三的 “棄景” 忘却の鉄道情景
保存
2015.5 丸田祥三的 “棄景” 忘却の鉄道情景
何だかね、.撮影後複雑な気持ちです。蒸機の亡霊を感じました。
貴方は、この画像に何か感じましたか・・・。

先日、瀬音の湯で偶然友人の大門夫妻と遭遇しました。ビックリです!!

田中和義氏の写真展「高野山 祈りとともに 1200 年」に感銘を受けました。
やっぱり写真のテーマは、最後には“人”だと感じました。

昨日、仕事が一段落したので急遽新幹線利用で、磐西C57試運転で遊んできました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -