2014.9.21 頸城鉄道 2号機を見る!!

ナロー
2014.9.21 頸城鉄道 2号機を見る!!
ナロー
2014.9.21 頸城鉄道 2号機を見る!!
ナロー
2014.9.21 頸城鉄道 2号機を見る!!
ナロー
2014.9.21 頸城鉄道 2号機を見る!!
ナロー
2014.9.21 頸城鉄道 2号機を見る!!

1972-1976年まで西武山口線で活躍していましたので、僕も動態の2号機を撮影する事が出来ました。
国鉄長野工場で動態復元された銘板が付いています。

東京にはかつて、コッペル社の総代理店が存在したことが銘板から読み取れます。

1911(明治44)年、独・コッペル社(Orenstein & Koppel Arthur Koppel AG)製
もともとは土木工事請負業者である大丸組が、品川沖埋め立て工事(東京都。現在のJR品川駅や東京総合車両
センター付近)を実施する際に輸入した5両のうちの1両。工事終了後はいつくかの私鉄に売却され、この車両は
流山鉄道4号機を経て頸城鉄道に入線したといわれている。

入線当時は3号機を名乗り、その後、旧2号機の売却のために番号が繰り上がり、“2代目の”2号機となった。
ディーゼル機関車導入後も運用されていたが、1966(昭和41)年5月12日の特別列車の牽引を最後に
廃車となった。

その後1972(昭和47)年5月から数年間、西武鉄道山口線(埼玉県)で動態保存運転が行われた後、
新潟に戻った。現在取り付けられている赤いプレート類は、山口線時代の名残である。
尚、現在は有火状態(自走できる状態)で保存されていない為、
伴走するディーゼル機関車DC92の動力により走行。 (※くびき野レールパーク 保存車両解説より)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -