2014.11.5 只見線 “第一只見川橋梁・下段俯瞰”

只見
2014.11.5 只見線 “第一只見川橋梁・下段俯瞰”
ここは下段のベンチのあるお手軽お立ち台です。
上段の様に水鏡にはなりません。観光客の皆さんと一緒に撮りましたトサ。
上段まで登るのが、めんどくさい人や体力のない人にお勧めです。但しキャパは狭いです。

最近の撮影は・・・。
最近、蒸機の撮影が激減してしまいました。昭和レトロの撮影に移行した事が起因しています。
久しぶりに秋の只見線C11の撮影の準備をしなければなりません。

最近お会いしていないが渋川のK君は元気だろうか?
彼の「ブログ」を拝見すると人物の扱いや撮影のアイデアが随分と上手くなったナと感じます。
(決して上から目線ではありませんョ)
鉄道の撮影だけでなく、祭りでの人物撮影が被写体を見る力を向上させているのでしょう!!
これで人物撮影にもう少し踏み込めたなら、鬼に金棒でしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -