2014.11.4 只見線 “八連のコンクリートアーチを行く”  旅の記録から

只見
2014.11.4 只見線 “八連のコンクリートアーチを行く”
決して大きくないコンクリートアーチですが沿線では貴重な撮影地です。
道路が沿っているのでアングルを決めるのに苦労します。只見川の対岸からも俯瞰で狙えます。

1989年11月の事でした。
何故か蒸機の消えた会津地方を旅をしています。目的は恐らく只見線の紅葉と橋梁巡りでした。確か僕とF君と
Aさんとの三人での最初で最後の組み合わせの旅でした。沿線の紅葉は素晴らしく気動車を撮影しローカル線
もいいなあぁ~っ!!と感じたものです。久しぶりに訪れた只見線は蒸機が消えて静かな沿線でした。貨物列車
も廃止されているものの、タブレット閉塞や硬券の入場券が存在し古き良き鉄道が残っていました。
ひなびた温泉に浸かり、そばを食べました。印象的だったのは会津の帰路の山中で見た木造校舎でした。
                                                 旅の記録から

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -