2013.10.29 只見線 “黄昏の会津盆地を行く”

只見
2013.10.29 只見線 “黄昏の会津盆地を行く”
大きくカーブして直線を進み、また進行方向を変え大川橋梁を渡り会津若松を目指します。
光が当たるか影になるかのギリギリの選択でした。

千日回峰行に挑む釜堀浩元(こうげん)住職(41)の画像を見た!!
天台宗・比叡山延暦寺の荒行「千日回峰行」に挑んでいる釜堀僧侶が、最大の難関とされる9日間、飲まず
食わずのうえ眠ることもできない「堂入り」の行を終えましたと報じておりました。
千日回峰行は延暦寺第三世座主・慈覚大師の弟子、相応和尚(831~918)が創始。1000日間で地球1周に
あたる4万キロを歩く。堂入りは700日目から始まり、終了すると「当行満阿闍梨(とうぎょうまんあじゃり)」となり、
不動明王の化身(生き仏)として信仰の対象となる。
阿闍梨様への道。凄い!!この話を聞いていると改めて自分の悩みがチッチャイことがわかりましたトサ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30