2015.12.8 GAMERA:2016 vs 2016シン・ゴジラ

ガメラ
“GAMERA:2016”遂に公開予告あり!!ギャオスが出る事まではわかるがストーリーは明かされていない。
ボク的には“シン・ゴジラ”よりも期待している!!
ゴジラ
“シン・ゴジラ”は大田区・蒲田のロケでばれてしまった!!これもまたストーリーは明かされていない。

僕の子供の頃の時間の流れと、現代の体感する時間の流れは明らかに違うのだ!!
1966(昭和41年)年~1968(昭和43年)年が“怪獣ブーム元年”なのだろうか??!
当時の子供たちは、夢中になってテレビ・映画・雑誌を貪ったのだ。
自分たちの知識の中で“怪獣論”を激しく闘わせた!!たぶん小学生の間でだ。
封切りされた“怪獣映画”はどれもこれもヒットして小学生が列を作ったのだ。
とりわけゴジラとガメラが人気を二分したのだ。
“怪獣”の存在を信じて疑わなかった子供たちもクラスに沢山存在した?!!
僕の家の近所にも東宝の映画館があり“ゴジラ”が封切られると良く映画館に並んだのだった。
大映の“ガメラ”は、わざわざ青梅まで観に行った!!
“ウルトラマン”の登場から様相が変わってきた?のだ・・・。
バーチャルからリアルへ、子供ながらに冷静に現実を見つめる様になったのだ!!
“怪獣”なんて、この世に存在しないのだ。

そして現実の鉄道に興味を持ち始めたのだ!!
貴方もそして僕も同じキッカケから鉄道趣味にはまったのではないだろうか???
なぜならば僕の多くの友人で、オタクは?怪獣→鉄道趣味の王道を歩むのです。ハイ!!
2016年は“怪獣映画”で童心へと回帰しようではありませんか・・・。

信越

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -