Episode O ―終わりの始まり・40年前の今日へ― 第3日目 “D51603追跡”

夕張
1975年12月23日(火)晴れ  沼ノ沢-南清水沢 1791ㇾ D51603

Episode O ―終わりの始まり・40年前の今日へ― 第3日目 “D51603追跡”
東室蘭3:48→急行「すずらん4号」DD51→苫小牧4:45、苫小牧5:05→721D→沼ノ沢6:29
深夜3時、座っての睡眠でいささかケツが痛くて目が覚めたのだ。星空に晴れを予感する。
同じように東室蘭で寝起きする若くて貧乏(貧乏は精神を強化する)な鉄ちゃんたちと、沈黙の急行「すずらん
4号」の乗客となる。
快晴無風。撮影地をいろいろ考えたが、沼ノ沢の南清水沢側にある築堤を逆光で狙うことにする。1791ㇾは
ピカピカのD51603がモコモコの煙でやって来た、手ごたえあり!!
この撮影地で“何処のどなた”か存じ上げませんが?!「D51603を車で追い駆けて撮影するけど?君も夕張
まで一緒に行く?」「ハイ!!同行させていただきます?」なんと素敵な出来事だろう!かくしてD51603追跡
の始まりだ。
南清水沢―鹿ノ谷・平和トンネル飛び出し、鹿ノ谷入換+築堤走行、夕張・入換+転車台とD51603をたっぷり
と撮影したのだ。(D51603は苗穂工場にて国鉄最後のSL中間検査Aの工場検修を受けたピカピカの罐)
夕張11:45→728D→清水沢11:59 
5792ㇾD51603と5797ㇾD51を撮影。
清水沢16:30→734D→追分17:22
追分駅で入換の79602「門デフ」撮影後に駅前銭湯へ行った。
追分21:11→232ㇾDD51→東室蘭23:22
残念ながらDD51牽引だが、足を延ばして2時間の睡眠を貪る。
今日も東室蘭でラーメン・ライスを食べた後、駅のブラベンチで座ったままこれまた爆睡。
今日は天気も良くD51603をたっぷりと堪能してご機嫌な一日だった。先行して渡道している友人と今日も会
えず・・・。

夕張
南清水沢-鹿ノ谷 平和トンネル 1791ㇾ D51603
※2015.12.24の“6788会in夕張”の呑み会で当時の機関士にこのトンネル名を伺いましたら
“清水沢トンネル”だと教えてくれました。
※正しくは“稚南部隧道”161mでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -