第41回 6788会in渋谷 ―40年後の同窓会へ― “語りつくせない夜”  

第41回 6788会in渋谷 ―40年後の同窓会へ― “語りつくせない夜”
6788
リアル6788会。あれっ?井門さんは何処に行ったのでしょう・・・。
広田さんと奥井さんと記撮が出来てうれしく思います。
あの現場の40年前の空気感を感じましたトサ。

6788
注文していたトレーナーとTシャツを購入しました。奥井さんのデザインでしょうか。

6788
楽しそうですね!!

6788
第41回6788会 ※井門さんのブログを引用してみます。
  
昭和50年12月24日、日本最後の現役蒸機列車‘夕張線6788列車’追分到着を見届けた5人が追分
の旅館で第1回6788会を開いて40年、今年も第41回6788会が開かれました。

その時の参加者;増田泉氏、土屋宝土氏、奥井伴彦氏、長島良成氏、井門義博氏が卒業、就職の時期、
周囲の仲間も同じ境遇で6788会危機の時期が数年続きましたが、年を経るごとに充実して第41回を迎
える今年は廣田尚敬先生を迎えて21名程で盛大に開かれました。
僕の個人的な感想ですが、この場は国鉄現役蒸機を語る集いの場だと信じています。

ほかならぬ50年12月24日夕方蒸機による最後の下り列車D51241牽引9799レを川端~滝ノ上で
廣田さんと4人並んで撮影したのが長島氏、奥井氏、井門氏だったのです。
それが今月発売の“国鉄時代44号”の表紙です。

6788
これが6788会の歴史だそうです。
僕もこの歴史ある会に、6788列車を撮影した蒸機ファンとして17年ほど前から参加しています。

6788
廣田さんが撮影された “国鉄時代44号”29ページの197512.24撮影の紅葉山駅待合室のストーブ
の前に佇む“若き日の長髪の僕”が写っていました・・・。

6788
6788会を通じてAさんと知り合いました。

6788
1975.12.24 夕張線・十三里
国鉄下り最終貨物列車9799ㇾD51241 太陽を背に檜舞台の勾配を競り上がってきた。
万感の思いでシャッターを切るのだ・・・。

6788
もう何も言うことはありません。皆さま遊んでいただきありがとうございます!!

6788
井門さんのお力によって6788会は生き続けるのでしょう。

6788

6788

6788
正月は地元でマッタリと過ごします!!

今年お付き合いを頂いた皆さまに深く感謝いたします。
それでは、皆さま健康に留意して新年をお迎えくださいマセ!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -