語り尽くせない汽車物語 2話 “暖炉汽車・愛と敬の記憶” 1983/2  

新春の蒸機撮影はいかがでしたか?成果はありましたか?
弊ブログも毎日の更新は体力的に難しく不定期更新になりました。
新春のD51498+旧客でもUPをと考えましたが旬な話題は他の素晴らしいブログに譲るとして、
あくまでも、弊ブログのベクトルは“古き良き日本の鉄道情景”へといざないます。

津軽
語り尽くせない汽車物語 2話 “暖炉汽車・愛と敬の記憶”

隣の車輌から、何やら楽しそうな笑い声が聞こえてきました・・・。それではそっと覗いてみましょう?!
その正体は双子の姉妹の笑い声でした。お母さんにお話を聞くことが出来ました。
来年小学校に入学する6歳の双子の姉妹で、姉が愛(あい)ちゃん、妹が敬(けい)ちゃんだそうです。
何度見ても僕には姉妹の識別がつきませんでした。

天井を見るとオハ31の折り上げのダブルルーフが魅力的です。
どうやらこの冬がオハ31活躍の最後の年のようです。

津軽
五所川原に到着したとたんに双子の姉妹は元気よく飛び出してきました!!
津軽美人のお姉さんもいました。
ダブルルーフのオハ31のゴツゴツとしたリベットが印象的です。

津軽
昭和58年の2月の上旬に東北地方を旅しています。
7日~9日まで津軽鉄道の“暖炉汽車”を撮影していました。

五農校の通学生のスナップも良いですが、昼間の閑散とした“暖炉汽車”も魅力的でした。
蒸機牽引ではありませんが“本物の汽車”を感じました。
車輌は変われど“ストーブ列車”もいまだ健在です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -