地方私鉄行脚(あんぎゃ)の記録 1話 “丸窓電車” 1985/10

70年代~90年代にかけて近代化を遂げて生き残った中小私鉄もありますが、魅力的な、数々の中小私鉄
が廃止された事も事実です。
個人的に興味を持ち、幾つかの中小私鉄を訪れる事が出来ました。
地域は非常に偏っていますが、地方私鉄行脚(あんぎゃ)の記録としてUPしてみます。

80年代の僕は撮影に迷っていた気がします。
84年に中国蒸機を初めて撮影し、国内蒸機の撮影をしていない時期がありました。
国内の撮影は、地方私鉄や国鉄の蒸機時代に訪れていない地方を目指していました。
硬券切符や硬券入場券の収集は続けていました。
新しい旅の始まりです。正確には硬券切符を求める旅だったのかもしれません・・・。


上田
地方私鉄行脚(あんぎゃ)の記録 1話 “丸窓電車” 1985/10

当時の上田交通の“丸窓電車”は大変人気がありました。
何度も何度も撮影に通いました。塩田平特有の四季やローカル線の佇まいに魅力を感じました。
撮影は組み写真を考慮して撮影していますので人がらみを狙ってみました。
平日の撮影では電車マニアに一度も会ったことがありませんでした。

上田
都会では考えられない線路内通学です。
おそらく線路上を歩くのが一番安全で学校へ通う近道なのでしょう。
ローアングルでの撮影で線路幅が広く見えますが1067㎜の普通の軌間です。

この時代は、まだまだおおらかな時代でした。
日がな一日、カメラを首からぶら下げて線路端を歩きました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -