語り尽くせない汽車物語 6話 “飯山線・古豪18688”

飯山
1971年5月2日 飯山線・飯山駅
飯山
1971年5月2日 飯山線・飯山駅

語り尽くせない汽車物語 6話 “飯山線・古豪18688”

1971年5月2日。昭和47年。14才春のお話しだ。

これまで八高線・米坂線・羽越本線で蒸機を撮影してきたがいずれも一人旅ではない。

今回が初めての宿泊有の一人旅だ。期待と不安が入り混じり合った小さな大冒険の始まりだ。
信州周遊券を購入し、カメラ(ミノルタ)と僅かなフィルムに、時刻表とダイヤは
鉄道ファン1971年1月の臨時増刊号「蒸気機関車撮影地ガイド」
(SLダイヤ情報の創刊は昭和47年11月でこの時点では未発売だ)を選んだ。
背負うザックは意外に重かったのだ。

混雑する上野駅にハラハラドキドキで到着する。既に直江津行き急行「妙高6号」は17番線に入線していたのだ。
ヤバイ!!自由席は5輌。奇跡的に進行方向の窓側の自由席にありついたのだ。これで長野まで座って行ける。

やがて23:58に急行「妙高6号」が客車列車特有のゴトンゴトンと
連結器を順次引き出す感覚でゆっくりと発車した。
牽引はEF627で、僕の乗車する先頭のオハフはすきま風で寒いのか乗車率が低い。
ホイッスルや車窓を流れる街の灯りに興奮を覚える。

見るもの聞くものがすべて珍しく今夜は眠れそうにない。翌2:38列車は広い構内の駅で停車した。
横川駅だった。発車は2:50。駅弁の立ち売りもいる。

ここからEF63の重連の後補機が付くことを後で知った。駅弁売りから“峠の釜めし250円”を買った。
生まれて初めて見る陶器の駅弁に興奮するのだ。駅弁を食べながら闇夜に目を凝らす。
なんだか随分トンネルが多い気がするのだ。

長野に着いたのが5:00。飯山線の始発が123Dの5:38で替佐6:11で下車する予定だった。
不覚にも睡眠不足から爆睡してしまい飯山6:27まで乗り越してしまった。大失敗だ!!

しかたなく飯山で7:00発の222ㇾ18688の発車を撮り
十日町行き129D7:09に乗車しながら寝る事にする・・・。

この時得た教訓は、夜行列車は体力温存の為に必ず寝るべし!!睡魔は全ての予定を破滅させる!!
その後の蒸機撮影に大いに勉強になったのだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -