1990.1 中華人民共和国 包蘭線・中衛 “トンゴリ砂漠に降る雪” 

中国
朝ホテルで目が覚めると、雪が降っていた。
トンゴリ砂漠で雪と蒸機が撮れる。早朝まだ暗いなかホテルを出発する。
今朝もよく冷える。気温-23℃、快晴無風。最高の条件が揃った。

前進型重連の不規則な空転が遥か彼方から聞こえてきた。
ゆっくりと近づいてくるブラスト音に興奮を覚える。

中国
“フイルムの時代”
宿では撮影したフイルムの管理に余念がない。
中国料理と酒が、はあまり口に合わないので日本から、食品や酒も持ち込んでいる。
移動が比較的少ない滞在型撮影なので支障はない。

1989年12月27日から1990年1月7日まで11泊12日でシルクロードに蒸機を撮影に来た。
一番の問題は会社の有休取得だった。
当時の僕は24時間働けますか?の多忙なリゲイン・サラリーマンだったのだ。

会社には、いろいろと借りを作ってしまったことは今となっては懐かしい。
当時の僕の、座右の銘は「行けるうちは行け!なにがなんでも行け!」必ず行けなくなる時(未来)が来る。

撮影地は「包蘭線・中衛」と「蘭新線・烏鞘嶺」だけに絞った。
未開放地区も含まれている為、シルクロードではイギリス人・スイス人の鉄ちゃんとは遭遇したが、
日本人の鉄ちゃんと出会うことはなかった。

今回の撮影旅行の成果は、蒸機列車を約120列車を撮影したことだ。
(ほとんどがQJ型重連。QJ三重連もあり。JFの列車もあり。)

撮影したフイルムの本数は、35㎜が、RDP38本・PKR37本・PKL6本。
                ブローニーが、RDP48本・TMY10本。 合計109本。驚きの数値だ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -