1994.4 究極の聖地・2ft蒸機軌道 “楽園・LEDO”

インド
1994.4 究極の聖地・2ft蒸機軌道 “楽園・LEDO”

本日よりGW突入です。
あたしには、今年のGWはご縁が無いのです。
どこに行っても“満員御礼・札止め”状態なのです。そんなわけで近場でまったりと過ごします。

僕のサラリーマン時代のGWは海外の現役蒸機を必死で追い掛けていました。
LEDOレンガ工場専用軌道訪問記です。94年GWのインド・アッサム州のお話です。

当時のアッサム州は、治安が大変悪く外国人入境禁止エリアでした。
アッサム解放戦線の暴れているエリアで大変危険でした。
アッサムは紅茶の産地として有名でした。
日本人でこの地を訪れるのは入境許可を取得した商社マンと
遺骨収集団(インパール作戦戦没者)の方だけでした。

ところがアッサム州には、魅力的な2ftの蒸機が走る、レンガ工場専用軌道と炭鉱専用軌道が存在したのです。おまけですがインド国鉄のメーターゲージの蒸機もゴロゴロいます。なにがなんでも行きたいのです。
入境許可証がひょんなことから手に入り単身空路でアッサム州潜入に成功しました。

出会いは突然やってきました。
工場入口の2ftのヘロヘロの錆びたか細い軌道に目をやると
軌道上には太い丸太が踏切の様に降りていました。
なんで軌道上にこんなに太い丸太が置いてあるのだろう?もしかして行の運転は終わってしまったのか?
最悪既に廃線になってしまったのか・・・。頭は混乱するばかりでした。あまりにも情報が乏しいのです。

呆然と立ち尽くしていると、工場から誰かが走り出てきました。例の丸太の踏切を外し始めました。
しめた!!何かが来ます。耳を澄ますと甲高い汽笛が聞こえてきました。
やけに小さなボロボロの罐が小さな車体を左右に揺さぶりながらやってきました。
夢にまで見たバグナルの登場です!!

インド
見てください。この小さな2ftの満身創痍のボロボロの罐を!!
こんな罐で一日中、好き勝手に撮影しキャブに乗って遊べるのですから・・・。
正に“2ftの楽園”でした。蒸機趣味ここに極まれりです。

この記事はRM・№131に“地上最後の聖地・愛しのデイビット”として9ページ掲載しています。
おひまでしたら探して駄文を見てくださいマセ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -