2016.2 釧網本線 C11冬の湿原号+丹頂鶴+呑み会 ツアー ①

昭和50年11月。夕張線・清水沢駅跨線橋で僕らは寝袋で寝ていました。
その時偶然にO君と出会いました。
彼は高校1年生。僕と山本シェフは高校3年生でした。
当然高校をさぼって、夕張線にD51を撮影に来ていました。
楽しかったな!!

そんなO君から、釧路呑み会の誘いを受けました。
行きましょう「呑み鉄」僕の大好きなパターンです!!
仲間が北海道の蒸機撮影で揃うのは実に41年振りです。
若かったあの頃・・・。まさか41年後に一緒に北海道で蒸機撮影ができるなんて、なんて幸せなことでしょう!!

現地集合の現地解散で宿は別々、車も別々。しかし撮影場所は好みで変わりますが、丹頂鶴撮影と夜の呑み会
は一緒です。お互い仕事に都合をつけての集合です。参加者はわずか5名です。
楽しく遊びましょう!!次回は参加人数増やしたいのです!!

釧網
2016.2 釧網本線 細岡~塘路 「夢が丘」にて おやおや予想外の力行で汽車が現れました。

釧網
ウチダザリガニ(北米大陸原産のザリガニ)とはどんなものか食いてえな!!
皮肉にも、食用に米国から持ち込み、その後米国と対戦したのでした。
釣り人に、このあたりで何が釣れるか尋ねると“アメマス”だそうです。

それにしても気温-5℃は暖かすぎるのではないでしょうか? 続く。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -