Episode Ⅹ ―中途半端な・42年前の今日へ― 第6日目 “74春闘勝利号”

北海道
Episode Ⅹ ―中途半端な・42年前の今日へ― 第6日目 “74春闘勝利号”

1974.3.31(日)  函館本線・深川“74春闘勝利号”
いよいよ明日から新年度です。当時は4月から高校2年生でした。

1974.3.25.(月)に高校1年の修了式が終わり、3.26(火)から4/7(日)まで12泊13日で山本シェフと二人で
北海道蒸機撮影旅行に出かけました。不覚にも塩狩YHに一泊しましたが、他は全て夜行列車での宿泊
でした。若いって素晴らしと今も思います。

3.31(日)は、いよいよ旅の中盤戦です!連続の夜行列車で体力も消耗ぎみで疲れています。
前日は、釧網本線の北浜、浜小清水と撮影し、いつもの急行“大雪5号”で早朝の深川駅に降り立ちました。
この春は全体的に雪が少なめでした。

留萌本線の峠下や恵比島で撮影を済ませ深川へと戻ってきました。
素直に“ナメクジ重連”の発車を狙えばいいのに何故か構内の外れまで歩いてきてしまいました。
ご覧の通りセキの石炭満載の重量列車ですが“スカ”です。
D514のテンダーの“74春闘勝利号”も残念です。

今回の旅行で撮影できたのが、9600、C55、C57、C58、D51、D61の6形式で、瀬棚線と標津線のC11を撮影
することは日程的に叶いませんでした。

さて今日の夜も急行“大雪5号”に乗って、翌日は遠軽→紋別→上興部と9600を撮影する予定です。

その後に、機会がありましたら“Episode Ⅹ”を時系列で東京出発から到着まで細かく発表したいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -