1974年8月23日(金)宗谷本線・抜海にて ☆青春のキロポスト☆

宗谷
1974年8月23日(金)宗谷本線・抜海にて ☆青春のキロポスト☆
324ㇾC5787[旭]。  あれれ?本命のカットが見当たらないのだ?どこぞの写真展で使ったのだろうか?

東京を出てから11日目。緊張感も既に無く、消化試合的要素が強いのだ。
前日は興浜北線の9600牽引の臨貨を撮影した後に移動して稚内駅前で寝袋にくるまったのだ。駅前は“カニ族”に占領され“鉄ちゃん”は僅かだった。
早朝、南稚内から抜海に向かって歩き出す。お目当ては日本海に浮かぶ利尻富士と蒸機を写しに来たのだ。
苦労と絵面は決して正比例しないのだ。撮影地を確保して汽車を待つ。定時に眼下を324ㇾが無煙で通過していく?なんか物足りのだ。アレ今のもしかしてC5787?力が抜けた瞬間だった・・・。
当時の旭川機関区はC5530・C5550・C5787の共通運用で事前に前日の運用を調べれば何が来るかわかったはずなのだが。
結局この日は、南稚内~抜海間11.7㎞を歩き抜海で休んでから、豊富で撮影後、名寄駅で寝袋にくるまったのだ。

宗谷
あなたは、あの頃の“抜海駅”を覚えているだろうか?

宗谷
確か駅前は閑散としていて集落はけっこう離れていたような記憶がある。

いつの日か、この静かな駅に“本物の汽車”が来てくれる日を願ってやまないのであった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -