2016.5.8 真岡鐵道 “鯉のぼりにふられ+追っかけ鉄に邪魔された” 天中殺の一日!!

真岡

真岡鐵道で偶然に、同じ海外鉄道研究会の田岡さんにお会いしました。
田岡さんは本日“もおかSL倶楽部”に参加するそうです。
既に構内では“もおかSL倶楽部”の会員がC12を取り囲んでいました。

本日の真岡鐵道は“鯉のぼり”撮影がテーマでした。
少子化の影響でしょうか“鯉のぼり”は少なめでした。
やっと決めた“鯉のぼり”が優雅に泳ぐ撮影地はC11のブラストが聞こえた来たころには凪になってしまいました。

真岡

珍しく沢山の牛が出ていて、気持ちよく牛を驚かせないように汽車待ちをします。
ところが蒸機が来る直前に、無神経な土浦ナンバーの四駆が猛然と走ってきました。
やられた!!と思った瞬間、四駆が急停車しドアが開きアホが走ってきます。
牛は車の音・ドアの閉める音・走ってくるアホに驚きドンドン牛舎へと逃げていきました。

追っかけが悪いとは一言も言いませんし、場合によっては僕も追っかけをします。
しかし先客の邪魔だけはしないように最低限のマナーは守りましょうよ!!民度の低さを感じます。

真岡

蒸機無煙化末期の頃には、僕らにとって赤ブタDD51&DE10は宿敵でした・・・。
蒸機の現場で赤ブタが来ればシャッタ-すら押しませんでした。
あれから40年。宿敵・赤ブタの活躍の場すら激減してしまいました。
現代では、昨日の敵は今日の友。てなもんです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -