2016.5.11  『福生通信』 №9  “猫神社の秘密” 

福生
2016.5.11  『福生通信』 №9  “猫神社の秘密” 
『福生通信』も福生情報だけですと情報に限りがありますので、内容的には多摩地区通信に改めます。

正式名称は「阿豆佐味天神社・立川水天宮」です。
阿豆佐味天神社は、砂川の鎮守の神として1629年(寛永6)に創建されました。
ご祭神は医薬・健康・知恵の神 少彦名命(すくなひこなのみこと)、
文学・芸術の神 天児屋根命(あめのこやねのみこと)のお二柱です。
立川水天宮は、古来より安産・子授けの守り神として崇められています。
安産のご祈祷・安産祝帯の授与は、いぬの日以外でも行っております。
境内社には、蚕影神社(猫返し神社、養蚕の神)、八雲神社(厄除け)、疱瘡社(疫病除け、縁結び)、
稲荷社(五穀豊穣、招福財福)、天神社(学問)、御嶽神社(火難盗難除け)、浅間神社(縁結び、安産)、
金刀比羅社(交通安全)、八坂大神社(疫病除け)とございます。 だそうです。


福生
2016.5.11  『福生通信』 №9  “猫神社の秘密” 

ところが別名、猫返し神社(命名者:ジャズピアニスト山下洋輔さん)と称され、愛猫の無事や健康を祈りに多くの
方がいらっしゃいます。

その昔、多摩地区では養蚕業がさかんでした。
お蚕様を食べるネズミ退治に各農家では猫を飼っていました。

境内社の蚕影神社(こかげじんじゃ)がその社で、蚕の天敵がねずみ、猫を守り神にしています。蚕影神社にお
参りし、絵馬に願いを書いたら、「無事に帰ってきた」という報告も寄せられています。
また、境内には「ただいま猫」の石像があります。やさしく撫でて下さい。


福生
2016.5.11  『福生通信』 №9  “猫神社の秘密” 
願いを込めた“絵馬”が並びます。

そこの“愛猫家”の貴方!!是非お参りに来てください!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -