2016.6.24  “遅く起きた朝は・・・” そうだ“紫陽花”を見に行こう!! 後編

電車
2016.6.24  “遅く起きた朝は・・・” そうだ“紫陽花”を見に行こう!! 後編
LSEの素敵なところは“流線形のスタイル”と“カラー”ですね。
たとえシングルアームパンタグラフに変更されても“昭和時代”の特急を感じます。
奇妙な連接車であることも魅力の一つです。

電車
2016.6.24  “遅く起きた朝は・・・” そうだ“紫陽花”を見に行こう!! 後編
沿線ではLSEの登場する前から、小田急線を見守ってきた琺瑯看板が何個所かで見られます。
わかりますか?この画像には琺瑯看板が3枚も映り込んでいます。
貴方は何枚発見できましたか?

たまには“蒸機”ではなくて“電車”撮影もいいものです。

電車
腹が減ったので、撮影地の近くにある中華屋を訪れてみました。
どうやら“大食い&デカ盛り”で有名なお店の様です。
壁には、テレビ取材時の写真やサインが多数掲示されています。
この店の味は間違いない!!と思いました。

店内のお客様を見ると、どうやらラーメン+丼物を食べています。
僕はデカ盛りのラーメン+丼物は無理と判断してチャーシューメン単品だけ注文しました。

電車
しばらくしてチャーシューメン(800円)が運ばれてきました。
チャーシューの大きさに驚きました。これは安いと思いました。

ところがどっこいビジュアル感は抜群ですが?
コクが無くてぬるいラーメンで美味しくないのです。残念です。久しぶりに食べ物を残しました!!
テレビ取材時の写真やサインをよく見ると“盛りがスゴスギ!!“と”食べきれない凄い量だ!!”とうたっています。
一言も“美味い”の文字は・・・。

味には個人差があります。この店の名誉のために店名は伏せます。
機会があれば、今度はラーメン+丼物に挑戦して、もう一度自分で味を確かめてみます。

以上“B級グルメマニア”でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -