2016.7.1 上越線「SL YOGISHA みなかみ号」 “ひぐらしの鳴く頃に” ③

上越
2016.7.1 上越線「SL YOGISHA みなかみ号」 “ひぐらしの鳴く頃に” ③
ひぐらしの鳴く声が、夏の夕暮れを演出しています。

大急ぎで諏訪大橋を移動して僕の大好きな後追い撮影の態勢に入ります。D51498に牽引された旧客5両の魅力を最大限に引き出します。予想外の素晴らしい煙でした。
乗客は窓をいっぱいに開けて諏訪峡からの涼風に夕涼みを感じているようです。やっと手ごたえのある画像が撮れました。

上越
2016.7.1 上越線「SL YOGISHA みなかみ号」 “ひぐらしの鳴く頃に” ③

画像を良くご覧ください、乗客の表情はわかりませんが窓をいっぱいに開けて肘を出し諏訪峡を覗いている姿が見て取れます。そして最後尾の郷愁のテールライトの赤が続きます。これこそ“夜汽車”を象徴しているのではないでしょうか?

貴方は撮影派でしょうか?乗客派でしょうか?来年は乗客派になってみたい気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30