2016.7.1 上越線「SL YOGISHA みなかみ号」 “時間旅行” ⑧-完-

上越
2016.7.1 上越線「SL YOGISHA みなかみ号」 “時間旅行” ⑧-完-
 クーラーが無いので乗客は窓を開けます。自然の風が気持ちよさそうです。きっと客車の天井では扇風機がカラカラと音を立てて回っているはずです。それでも風が足りないのか、画面左の乗客は団扇を一生懸命あおっていました。
 白熱灯の温かみのある光や、ニス塗りの車内に、青いモケットシート。そんな“昭和時代”の夜汽車をD51がけん引しているのですから・・・。今日も素晴らしい鉄道情景に沢山出会うことができました。JR東日本に感謝します。
 

貴方は気が付きましたか?今回のサプライズな被写体は“乗客”でしょう。「SL YOGISHA みなかみ号」の“乗客”の一部は“乗り鉄”ではなく、後閑駅から上毛高原駅付近の“ホタル観賞”をする観光客が乗車していたからです。
いくつかの駅で普通に乗車している乗客たちにカメラを向けました。遥か70年代、80年代を彷彿させる絵面をいただきました。

上越
2016.7.1 上越線「SL YOGISHA みなかみ号」 “時間旅行” ⑧-完-
若い女性が点景としていい味を出してます。正に普段着の夜汽車です。

上越
2016.7.1 上越線「SL YOGISHA みなかみ号」 “時間旅行” ⑧-完-
今回の“夜汽車”で感じた事を一つ二つ。
 意外と“蒸機ファン”は少なかった様な気がします。多かったのが“ネタ鉄ファン”のような気がします。蒸機撮影をカップルで楽しんでいる微笑ましい人たちも散見されました。翌日の上越線“カシオペアクルーズ”と翌々日の“磐西C57”撮影の盛りだくさんプランのマニアも大勢いました。見た限りではみんなが撮影を楽しんでいました。

 ※JR東日本高崎支社長にお願いがございます。是非とも降雪期の“上越線夜汽車”を走らせてください。蒸機ファン全員の熱い思いです。蒸機遺産の文化的友好活用術に協力は惜しみません。よろしくお願いいたします。動態保存蒸機先進国のドイツを見習えば世界の蒸機ファンを日本へ誘致できます。僕も微力ですが日本の動態保存蒸機の様子を海外へ向けて発信を試み始めました。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -