2008.7.13 博多祇園山笠 「流舁き(ながれかき)」 8年前の今日へ 

祭
2008.7.14 博多祇園山笠 「流舁き(ながれかき)」 櫛田神社にて
祭
2008.7.14 博多祇園山笠 「流舁き(ながれかき)」 櫛田神社にて
なんだか凄いぞ!!まるで戦だ!!
祭
2008.7.14 博多祇園山笠 「流舁き(ながれかき)」 櫛田神社にて
走る!!走る!!
祭
2008.7.14 博多祇園山笠 「流舁き(ながれかき)」 櫛田神社にて
よく見ると担ぎ手が、ひも状のものをつかんで走ります。

 これが、舁き手の必需品。長さ120〜140cmのわら製の縄で、舁き棒にかけて山笠を担ぐ時に使用する。毎年、山笠の開催前に各町内で手作りされるが、山笠用品店などでも販売されている。そうです。

 7.15に行われる「追い山」の、リハーサルの「追い山ならし」を偶然見学する事ができました。
さらに幸運に恵まれたのは、KBC放送局の隣の席を確保できました。

 7.15の「追い山」さながらの迫力を観戦できました。
ちなみに本番の「追い山」の有料観覧席を手に入れることは叶いませんでした。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -