2016.10.1 最高の蒸気機関車の舞台を求めて!!  

名称未設定_convert_20160811232402
“茜雲の奇跡”の毒々しい色の“茜雲”を見て“シン・ゴジラ”を思い出した。

貴方は何のために蒸機(鉄道)を撮影するのですか?
仕事ですか?趣味ですか?記録ですか?生きるためですか?
正解はたぶん、蒸機(鉄道)が好きだから。だと思う。だと思いたいし、願いたくもある。

蒸機(鉄道)撮影シンドロームについて。近頃の出来事。

あいつは病気か?たぶん病気だろう?
“生活保護バリ鉄&パラサイトバリ鉄”のことだ。
近頃、奇妙な出来事に連続して出くわした。
僕自身、今の今まで彼を知らなかったし、本名ではなくペンネームだと思っていたのだ?
勿論、俺が俺が感が強い人物だし知ろうとも思わなかった・・・。
今後も交わることはないと思うが・・・。

売れるか売れないか?商業ベースになるのか、ならないのか?
他人さまからの評価は別として、これから一冊の“鉄ちゃん本”を世に問いかける為に出版準備しているのだ。
世の中ネット時代だ、本が売れ難い事が痛いほどわかる。
ただし紙媒体の良さこそ鉄本の基本だと、信じて疑わない。

たぶん来年になるはずだ・・・。
期待しないで待っていて欲しい・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -