Episode 1 ―初めての北海道一人旅・44年前の今日へ― 第1日目“眠れない夜”

1972年8月22日(火)晴れ
Episode 1 ―初めての北海道一人旅・44年前の今日へ― 第1日目“眠れない夜”

拝島16:30→青梅・中央・山手線→上野18:20、上野19:05→101ㇾ急行「八甲田号」EF57・ED75→青森6:15

 急行「八甲田号」ではB寝台下段1200円を奮発した。先頭には突き出たパンタのEF57が牽引している、
この大きな電気機関車を後に一生懸命追いかけることになろうとは、この時は予想すらできなかった。

初めての北海道一人旅。興奮しないほうがおかしいのだ。急行「八甲田号」は超満員の乗客を乗せて北を目指す。
青森まで735.6㎞を11時間10分で走破する。

確保したB寝台下段の贅沢なスペースを楽しむ。流れる車窓をぼんやりと眺め、主要駅に近づくと目を皿のように
して構内を眺める。黒磯で6分停車ED75にバトンタッチした。

北海道
野辺地駅 大湊線C11224 後に釧路へ転属する。

国鉄郡山工場の構内で、日鉄羽鶴の1080が見えた。それにしても興奮して眠れない、腹が減ったので持参した
おにぎりを食べお茶を飲む。小牛田深夜1:21陸羽東線のC58と石巻線のC11が煙を上げているのが見える。
ここでどうやら眠りに落ちたようだ。

野辺地5:35目の前に大湊線のC11が止まっていた。慌てて撮影する。どうやらB寝台で4時間ぐらい寝ていたようだ。
車内で配られた乗船名簿を記入し、青森から人の流れに沿って青函連絡船に乗船した。

北海道
青函連絡船 これから北海道へ渡る一人旅でドキドキの連続!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -