Episode 1 ―初めての北海道一人旅・44年前の今日へ― 第2日目 “はるばるきたぜ函館”

1972年8月23日(水)晴れ
Episode 1 ―初めての北海道一人旅・44年前の今日へ― 第2日目“はるばるきたぜ函館”

青森7:30→5便「十和田丸」→函館11:20、函館11:50→305D急行「宗谷号」→大沼公園12:13、大沼公園
14:58→103ㇾ急行「ニセコ3号」DD51重連→ニセコ17:45、ニセコ18:51→555D→札幌21:50

青函連絡船の重低音の汽笛が「ブォーッ」と鳴って我に返った。それにしても眠い、遠くに函館山が見えてきていよ
いよ北海道へ上陸だ。
これが昨年までC62急行「ニセコ」が発着していた函館駅か。函館から大沼公園へ急ぐ。
途中では五稜郭機関区が車窓をかすめた。
大沼公園では、まず入場券を買い、DJスタンプを押す。線路端を歩いて大沼方面へ向かう。

北海道
とにかく行く先々でDJスタンプを押し。入場券を買いパンチを入れていた。

北海道
いきなり大沼発車の汽笛が聞こえた4181ㇾがD52140牽引でやって来た。初めて見るD52に興奮する。
御殿場線のD52には間に合わなかったが函館本線ではギリギリ間に合ったのだ。

この時の五稜郭配置のD52は56・136・138・140・202・204・235・404・414・468の10輌配置だ。
何本かのD51・D52牽引の列車を撮影し、大沼公園から昨年までC62牽引だった急行「ニセコ3号」に乗りニセコを目指す。

北海道
車窓から長万部機関区が見えた。よく見るとD51数台にC11が見える。

長万部からDD51重連になった。長万部名物駅弁の、かにめし250円を買う。初めて食べるかにめしは美味かった。

北海道
羊蹄山をバックに、夕日に照らされた132ㇾのC623のナンバープレートがギラリと輝いた!!
やっと出会えたC623に感動する・・・。

これが僅か11か月前ならC62重連急行「ニセコ」が撮れたはずだ・・・。
僕の、このC62重連急行「ニセコ」を撮影できなかったトラウマこそが、その後の撮影の原動力となることは当時
知る由もなかったのだ。

北海道
ニセコ駅でのビックニュース!!“C62重連”が走る!!

ニセコ駅の掲示してある国鉄北海道総局のポスターを見て驚いた。「C62さよなら運転と車両展示会」が8月27日
(日)行われるとのこと。
しかも小樽~岩見沢間でC62重連が走る!もちろん時刻を書き写した。これでC62重連が撮れる!!

札幌から乗車した急行「大雪6号」の車内では、相席の話好きのおばさんから、いなり寿司や冷凍ミカンをいただいた。
札幌駅の鉄道弘済会売店で購入したパン130円は明日の朝飯にすることにしよう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -