C61復活記念号 ②

上越
2012.6.2 それにしても最近、野生動物に会う機会が増えたのだ。
この日は僕たちが野生猿にからかわれる始末なのだ。

上越
2012.6.2 6月の午後で谷川岳がこれだけ見えれば良い方です。
オレンジのHMで“絵”が台無しだ。
それにしても上越線の上り列車は迫力がないのだ。本当は野生猿とのコラボは儚い夢と終わった。
オレンジのHMで“絵”が台無しだ。
俯瞰やロングが大好きな人は、おそらく心のどこかでHMが大嫌いなのだろう?
僕も同じだ考えだ・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -