2016.10.1 上越線 5年振りの重連

上越
2016.10.1 上越線 5年振りの重連

現地入り前はどこから狙うか、ギラリかシルエットかなどと思案していたが、
まったりとした泣き出しそうな空を見つめて嘆いていた・・・。

大型蒸機重連に僅か5輌の旧客牽引とはアンバランスな編成だし、奇妙奇天烈なHMを掲げている。

結局は俯瞰と追っかけはやめて、ひとり誰もいない撮影地から300mmで切り取った。
まっ、重連らしい仕上がりといえば聞こえは良いが・・・。
拡大すればD51498ナンバーも読める。スッキリとした撮影地だった。

21世紀に、D51+C61の大型蒸機重連が見られる事にJR東日本様に感謝する!!

現役蒸機全廃にどれだけ蒸機重連を撮影してきたか調べてみた。
山口線、上越線、大井川鐵道、真岡鉄道に及んだのだ。
とりわけ、山口線C571+C581の重連が懐かしい。

それでは、現役最後の蒸機重連撮影は、いったいいつ撮影したんだろう?データを調べてみた。
それは、昭和50年11月に清水沢~南清水沢間で撮影した、早朝の貨6793ㇾのD51重連だった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -