2016.10.13 軽便鉄道模型祭 12 に行けなかったけれども・・・。

ナロー
2016.10.13 軽便鉄道模型祭 12 に行けなかったけれども・・・。

2016.10.9は、ナローファンにとってとても不幸な日でした。
なんと、第5回王滝森林鉄道フェスティバル2016(三年に一度)と軽便鉄道模型祭 12(毎年開催 )
がバッティングしてしまったのです。

僕は、勿論、高橋親方率いる“りんてつ倶楽部”の“第5回王滝森林鉄道フェスティバル2016”に
参加しましたが、思いは複雑でした。

ナロー
2016.10.13 軽便鉄道模型祭 12 に行けなかったけれども・・・。

本日は都内に用事がいくつかありましたので、軽便鉄道模型祭 12に行けなくて買い漏らした本を、
IMON原宿店に買いに行きました。

※東京在住の僕ですが、JR中央線から外れた三多摩地区在住ですと23区に出かけることを
「都内に行く」と言います。

ナロー
2016.10.13 軽便鉄道模型祭 12 に行けなかったけれども・・・。

IMON原宿店では、委託販売模型の集金と 未売却の委託販売模型の回収をしてきました。

ナロー
2016.10.13 軽便鉄道模型祭 12 に行けなかったけれども・・・。

IMON原宿店でのもう一つの目的がありました。僕の所有する愛蔵本の「鉄道讃歌」に“けむりプロ”の
井上一郎さんのサインをいただくことでした。

そのあとは半蔵門のJPS事務局へ行ったり、荻窪の新規ラーメンを探したりとあっという間の
一日でした。

会津
そして次が問題です。飯山線撮影問題です。
僕が飯山線のC56と8620を撮影したのが1971年ですから、
なにしろ45年ぶりの蒸機撮影です。これは興奮せずにはいられません。
飯山線は僕にとってあまり縁がなく、無煙化後のDD16やキハを撮影に行きませんでした。

本来ならC5644かC56160が走るのであれば、全ての仕事をキャンセルし飯山線に没頭する
ところですがC11325ではなんとなく役者不足です。
それでも試運転を含め4日間ぐらいは撮影を楽しみたいと思います。
それでは現地でお会いしましょう!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -