2016.10.20 飯山線試運転二日目

飯山
2016.10.20 飯山線試運転二日目
信濃川橋梁の撮影地は鉄ちゃんでごった返していました。
撮影者専用駐車場まで整備されておりました。
撮影者は100人ぐらいでしょうか・・・。 
都築さんにここ空いてるョ!!と言われて誘導され連写でパチリ々!!

飯山
2016.10.20 飯山線試運転二日目
都築さんが有名撮影地にいることは非常に珍しいことでした。
話を聞くと、45年前の1972年5月に父親と信濃川橋梁でC56130(集煙装置付き)を撮影した
思い出の撮影地のようです。
45年前に撮影した同じアングルは河原に降りるのに時間が掛かると思います。 

撮影地でお会いした皆様おつかれさまでした!!
また飯山線でお会いしましょう!!
なんだか飯山線にハマりそうな気がしてきました・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分は20日に行ってました。
写真の出来はアレでしたがフラッと立ち寄った野沢温泉でちょっとした収穫が!
ハラダというおばあちゃん向けの衣料品店のシューウィンドーに4本の根を張った木がプリントしてある青い法被が!
どう使うかはあなた次第。
自分は6年後のためにとりあえず1枚確保しましたよ。
790円でした。

No title

としみつさん。おはようございます。
青い法被GETですか。なかなか面白そうですね。
有名撮影地を外せばストレス無く撮影が可能です。
20日とは同じ日ですね。なにしろ飯山線は中学生時代の思い出の地です。
只見線と同じく、おじさんたちの楽園かもしれません。
自宅から森宮野原まで圏央道・関越・R353経由で4時間の道のりです。
紅葉の季節になりましたら飯山線でまたあうかもしれません。
よろぴくです!!
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -