2016.12.03  2016年“秩父夜祭”で山本シェフと遊びます!! 夜間編

秩父
2016.12.03  2016年“秩父夜祭”で山本シェフと遊びます!! 夜間編
中近笠鉾
<秩父夜祭>ユネスコ登録の祭、38万人熱狂 見物客が過去最多に!!
※埼玉新聞ニュースによると

日本三大曳山(ひきやま)祭に数えられる秩父神社の例大祭「秩父夜祭」の大祭が3日、秩父市内で行われた。秩父夜祭の屋台行事と神楽は1日にユネスコ無形文化遺産への登録が決定。土曜日にも重なって2日間で過去最多の38万6千人(主催者発表)の見物客が訪れ、世界にも認められた冬の祭典に熱狂した。

 午後6時半ごろ、秩父神社から御神幸行列が御旅所へ出発。秩父屋台囃子(ばやし)が鳴り響く中、囃し手の「ホーリャイ、ホーリャイ」の掛け声とともに、ちょうちんやぼんぼりで彩られた6台の屋台・笠鉾(かさぼこ)が続いた。

 御旅所の手前にある急坂、だんご坂がクライマックス。重さが約12~20トンの屋台・笠鉾が一気に曳き上げられるたびに、大勢の見物客からは惜しみない拍手が送られた。約6500発の花火も打ち上げられると、熱気は最高潮に。2本のヒノキの鳥居が新たに建てられた御旅所では、神楽師が代参宮神楽を奉納した。

 毎年12月2、3日に行われる秩父夜祭は、秩父神社の女神・妙見様と武甲山の男神・龍神様が年に一度、逢瀬を楽しむ祭りといわれている。中近、下郷の笠鉾2台と、宮地、本町、中町、上町の屋台4台が市内を曳き回された後、秩父神社から神々が出会う場所とされる御旅所に集結する。

 今年は昨年より15万4千人も多い見物客が集まった。中には外国人観光客の姿も目立ち、日中から深夜まで市中心部は大にぎわいとなった。夜は厳しい寒さとなったが、世界に誇るお祭りを最後まで見届けようと、大勢の見物客が名残惜しそうに冬祭りを楽しんでいた。
秩父
2016.12.03  2016年“秩父夜祭”で山本シェフと遊びます!! 夜間編
下郷笠鉾
団子坂・登り(25度の傾斜)が熱いのです。祭りも最高潮に達します!!

秩父
2016.12.03  2016年“秩父夜祭”で山本シェフと遊びます!! 夜間編
下郷笠鉾
とにかく撮影の足場が悪いのです。三脚を立てるのは無理でした。人の波も押し寄せてきます・・・。
手持ちでビデオをメインで撮影しました。

秩父
2016.12.03  2016年“秩父夜祭”で山本シェフと遊びます!! 夜間編

御花畑駅NO1踏切を上町屋台が通過していきます。 (架線は外され秩父-三峰口間の電車は動いておりません)
ここは“鉄ちゃん”ポイントです。

本日は心地よい疲れと、程よい酒量で一日中遊びましたとさ!!
勿論C58の画像もバッチリでした。 また来年も秩父夜祭に行きます。 おしまい。 

PS。この日の20:46所沢で9101F(ピンク色)が人身事故?飛び込み?
秩父夜祭帰りの乗客が西武秩父で足止め、ダイヤがめちゃくちゃの大混乱に陥りました!!
自宅には何とか八高線最終で帰宅しました。
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -