2016.12.28  「編集長敬白」の終焉。

鉄
2016.12.28  「編集長敬白」の終焉。

名取紀之さんの超人気ブログ「編集長敬白」が本日付で終了しました。
僕も名取さんのファンのひとりとして、日々職場や自宅で「編集長敬白」を見るのが楽しみでした。

そこで名取さんがらみの記撮を探してみましたら、ありました!!
1992.11.15 大井川鐵道・福用駅での撮影ですから今から24年前のお話です。
七人のおっさんたちは、皆さん楽しそうですね!!すでに永野先生はビールをいただいています。

旅行の目的は、イギリスから千葉にMr.Ted(テッド)が引っ越してきたので、僕が鉄ちゃん友達に紹介する
ために、みんなで新幹線に乗って大井川にC11を撮りに行きましょうでした。  
僕が初めてMr.Tedにお会いしたのが1989年1月の蘭新線“烏鞘嶺”でした。

この時のブログ記事 
"1989.1 中華人民共和国 蘭新線 “烏鞘嶺” 英国人鉄ちゃんたちと遭遇"をご覧くださいませ。

ちなみに「編集長敬白」でもMr.テッドが何回か登場しています。検索してみてくださいませ。

鉄
2016.12.28  「編集長敬白」の終焉。
僕は名取さんに続編と1972年九州の旅をリクエストしましたが叶わぬ夢となりました。

鉄
2016.12.28  「編集長敬白」の終焉。

名作。32年前の“今日”へ  1974年 北海道の旅
何度も何度も読み返しました。当時の名取さんはコカ・コーラが大好きのようでした。
この名作は元祖“トレインスポッター”的な要素が大量に含まれています。メモ魔に間違いありません!!

鉄
2016.12.28  「編集長敬白」の終焉。
僕のレイルマガジンでのデビュー作は1990年の85号からです。

鉄
2016.12.28  「編集長敬白」の終焉。
World Steam Report 2 からでした。以後、海外蒸機の記事で何度も掲載されました。
“灼熱のインドにナローの聖地を求めて”この時に7ページも掲載されて有頂天になりましたとさ!! 

ある日。世田谷区桜新町にあるレイルマガジンの編集部を名取さんに会うために行きました。
インドのナロー蒸機の画像を見せて掲載の要望を伝えました・・・。
名取さん曰く、画像は良いがデータが足りなすぎます。再調査して出直して下さい。

そこで友人のMr.Tedに相談してインド蒸機のバイブル本があることや、CRJ編集長Mr.L.Kingを紹介してい
ただきました。その後にインド蒸機に詳しくなりました。
再編集後に、インドのナロー蒸機の記事をレイルマガジンの編集部に作品を持ち込み、
そこでやっと名取さんのOKがでて“灼熱のインドにナローの聖地を求めて”が掲載されました。

それまでの海外蒸機撮影は、まずは走行写真撮影することを重視していましたが、名取さんと会ってからの
海外蒸機撮影は、まず機関区や駅で形式写真撮影と調査を行ってから、走行写真を狙うようになりました。

本日は何とか年賀状を完成させ郵便局に持ち込みました。
明日からは大掃除を始めましょう!!                  

名取紀之編集長(編集局長)へ、永い間おつかれさまでした。
鉄道趣味の指針を伝授していただきありがとうございました!!  おしまい。
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -