FC2ブログ

真紅(まっか)な動輪 その4  火車来了!! しかし・・・。

真紅(まっか)な動輪 その4  火車来了!! しかし・・・。

中国人女ガイドに連れてこられた撮影地に来て、唖然とした・・・。
ただの平坦な線路端・・・。
中国人との接触を避けるためか、畑のど真ん中??

中国
1985年1月1日 前進233号機。

複線非電化なので、京哈線なのだろう?駅間はわからない。
とにかく5分から10分間隔で、蒸機牽引の長大編成の貨物列車がやってくる。
時間帯が悪いのか旅客列車は全てDLだった。

中国

中国

とにかく騙された、Bコース5人組は一生懸命、代わり映えのしない画像を量産する。
しかも、2時間も撮影すると、昼食を食べにホテルに帰る・・・。

中国蒸機撮影旅行とは、こんなものか・・・。


ブログ村に参加しています。
よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

 
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村



真紅(まっか)な動輪 その3 ノープランのボッタクリ撮影旅行


中国
1985年1月1日 車窓から初日の出が、ぼんやりと見え始めた。

とにかく窓は凍り付いてぼんやりとしか見えなく画像として成立しない。
形こそわからないが、蒸機列車が引切り無しに車窓をかすめる・・・。
どうやら蒸機王国エリアに入境したようだ!!


中国

瀋陽駅に到着すると女性ガイドが現れて、まずはホテルに向かい朝食を食べた。
結局、駅構内での撮影は許可されず・・・。

朝食後は、専用車で線路端に向かう・・・。
磁石を確認すると南へ向かってることが分かったが、何処へ行くか不明・・・。

数十分走ると専用車は、いきなり踏切待ちで停車したのだ。
何かが来る!!慌ててカメラを持って踏切へ走る走る!!

遂に中国蒸機を、あちきの目で見て、あちきの耳でブラスト音を聞き、体で感じたのだ!!
踏切待ちの中国人民のチャリンコと蒸機を絡めた中国鉄道情景の完成だ!!

ところがここからが
“ノープランのボッタクリ撮影旅行”の始まりである・・・。

続きを乞うご期待くださいませ。


ブログ村に参加しています。
よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

 
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村



真紅(まっか)な動輪 その2  実は不安な旅立ち

真紅(まっか)な動輪 その2  実は不安な旅立ち

実は、旅立つ前から不安だった。

当時の中国への、個人旅行は難易度が高かったのだ。
サラリーマンが、短期間の休みで予定通りの撮影旅行は不可能だった。

したがって、ニューズトラベルサービスに参加した。

中国SL撮影の旅 Aコース組 12/28~1/4 7泊8日 ××万円 参加者12名  Bコース組 12/31~1/4 4泊5日 ××万円(途中からAコース組と合流・参加者5名)
            ※Bコース組の価格は、非常に割高だった!!

本来なら、Aコースに参加したかったが、最繁忙期で休みが取れずBコースに参加した。

初めての海外旅行。正直期待より不安が多かったのだ。

旅行申し込み後、送られて来た旅行案内の日程は簡素過ぎてビックリした。
蒸気機関車の説明は一切なし・・・。
パシナの撮影日は記入されていて、少しホッとしたのだ。

指定された、飛行機に乗って、北京空港で5名が合流した。
通訳が来て、専用車で北京駅へ送迎し、指定された寝台車に案内されておしまい。

中国

寝台車は確保できていて一安心。車内は非常に綺麗だ!!
だけど、皆さん顔がひきつっている。不安からか・・・。

当時の旅行会社の手配旅行は、中国人から外国人旅行者を隔離する為に、寝台車が一両増結されたのだ。
この寝台車の乗客は、日本人5名のみ。信じられますか?

中国

食堂車でも、中国人が食べ終わった後に案内されて、日本人5名専用となる。

中国

今日の北京駅の混雑は凄まじかった。
ガイドの説明を受けてる最中に、あちきだけ、中国人民の群衆の渦に巻き込まれて、
迷子になってしまった・・・。ツアー本体と合流するまで、結構な時間が掛かってしまった。
恐るべし北京駅。

寝台車に落ち着いて北京駅を出発してから、車窓に目をこらす。
窓が凍りついていて外が良く見え無いのだ・・・。
確かに、蒸機らしき物体が見えるがハッキリしない・・・・。先が思いやられる・・・。


ブログ村に参加しています。
よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

 
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村



真紅(まっか)な動輪 その1 感動の旅立ち

真紅(まっか)な動輪 その1 感動の旅立ち

中国
1984年12月 躍動する五対の動輪に魅了されたのかもしれない・・・。

中国

きっかけは、1982年の夏、 東映のドキュメンタリー映画「真紅(まっか)な動輪」を観た事だった!!
広大な中国大陸には、8000台もの現役の蒸気機関車が活躍しているそうだ!!

いつか中国蒸機を撮影したい・・・。そんな思いだった・・・。

 


ブログ村に参加しています。
よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

 
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村



1987.12  中国蒸機撮影黎明期の苦悩!! 情報が無い!!!

中国

1987.12 長図線・土門嶺での、パシロ牽引の旅客列車と前進牽引の貨物列車の複線区間でのすれ違い。

中国蒸機撮影黎明期の苦悩!! 情報が無い!!!
ネット社会の現代のように、有り余る情報を解析することが出来れば、他人と類似した画像を手に
入れることが出来る。撮影ツアーに参加すれば他人と類似した画像を手に入れることが出来る。
それで納得できる人はいい!!

但し現代の撮影は、気象情報や地理情報や列車情報を制したものが素晴らしい画像を得ること
が出来る。勿論、本人の体力や撮影機材の取り扱いが作品の出来を左右するはずだ!!

昔の中国蒸機の撮影は、情報が無いので行ってみないとわからない・・・。
パシロがいるのか?人民がいるのか?補機が付くのか?急勾配はあるのか??

あちきらは、駅名に、嶺・溝・勾の駅を探して、中国で入手した鉄路貨物種類別流通トン数路
線図を参考に、米国発行のディフェンスマップと照らし合わせて撮影地を探したのだ。

勿論、探し当てた撮影地は外国人立ち入り禁止エリアだったりする。
これが、結構問題で中国国家公安局に見つかると逮捕拘束されたりするのだった・・・。

長くなりますので、中国国家公安局の武勇伝のお話は、またの機会にします・・・。


ブログ村に再び入村してしまいました!!
弊ブログは、貴方がよっぽど暇な時に見に来てくださいませ!!
少しでも、貴方の琴線に触れたならば、嬉しく思います!!
よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!

ポチッとした、その先に素晴らしい画像があるかもしれません??

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村




プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -