FC2ブログ

1976年 ある夏の迷走地図 時刻表に無い鉄路 vol.1 旅立ち

1976年 ある夏の迷走地図 時刻表に無い鉄路 vol.1 旅立ち 

蒸気機関車が無くなった喪失感はたとえようが無く、目的を失っていたことは確かだった。
しかし目的は失っていても、体に染みついた鉄道旅は続けていた・・・。

古いネガを見ていると遠き昔のことがおぼろげながら思い出してくる。
目的地は秋田県の羽後地方の山中に“霧ケ谷”という地名に軌道のマークを見つけた事が全ての始まりである。
鉱山マークの無く、もしかしたら森林鉄道が残っているのかもしてない・・・。

何かに取り憑かれたかのように、403レ青森行き「急行津軽2号」の乗客となる。

P1010035_-_コピー_convert_20200812232505
「急行津軽2号」は空いていてワンボックスを占領出来てゆっくりと眠れそうだ、気がかりなのはシィーンと静まり返った車内と不気味な乗客たちだった。まるで地獄行き列車だな・・・。

もう一つ心配事がある、先行して北上中の台風“ジュディ”だ、勢力は衰えたと天気予報で聞いていたが、正体は雨台風だという事だ。道中が気掛かりである・・・。 

目的地は仮称「霧ケ谷森林鉄道」果たして、その森林鉄道は本当に実在するのか・・・。

横手駅7:38着予定が、途中の板谷峠の台風による倒木で到着が5時間遅れの12:20に「急行津軽2号」は目的地、横手に滑り込んだのだ・・・。

予定は大幅に狂ってしまった。「急行津軽2号」に接続する朝の“羽後大森”行きバスは16:30迄無い・・・。

IMG_1089_-_コピー_convert_20200812232839

まずは腹ごしらえが筋であろう、何しろ「腹が減っては戦はできない」なんてね・・・。 つづく・・・。


画像が良かったらポチッとお願いします。
日々のブログ更新の励みになります!!
やる気を出して、どんどん画像をUPするきっかけになるかもしれません!!
これからも、弊ポンコツブログ“蒸気機関車 SOUL TRAIN’s”よろしくです!!


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
たまには、ぽちっと、お願いします!!

2020年夏 ある夏の日のおもひで・・・。

2020年夏、ある夏の日のおもひで・・・。

コロナ禍のおかげさまで、1969年以来撮影し続けた“夏蒸機撮影”の記録は絶たれたのです。
無理して行けば行けたのですが“百合子”が不要不急の外出は避けてと言うので、あちきは従いました!!

長期の夏休みのおもひでは、常に夏蒸機のそばにいました・・・。

_MG_8301_convert_20200125213823.jpg
1969年 小学6年生・夏 八高線・拝島

_MG_8292_convert_20200829201714.jpg
1971年 中学2年生・夏 小海線・佐久海ノ口

_MG_6367_convert_20200829201753.jpg
1973年 高校1年生・夏 日豊本線・青井岳

IMG_7252_convert_20200815204021.jpg
1975年 高校3年生・夏 室蘭本線・富浦

画像が良かったらポチッとお願いします。
日々のブログ更新の励みになります!!
やる気を出して、どんどん画像をUPするきっかけになるかもしれません!!
これからも、弊ポンコツブログ“蒸気機関車 SOUL TRAIN’s”よろしくです!!


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
たまには、ぽちっと、お願いします!!

鉄路漂流 ―遠き 旅の空から― 第26話 「田植えの季節」 

遠き

鉄路漂流 ―遠き 旅の空から― 第26話 「田植えの季節」 

古いネガを見ていると、撮影した事すら忘れた画像が出てきます。

1976年春に東北本線でEF57を撮影に行った時の画像です。
どうやら、蒲須坂付近での撮影のようです。

僕が、18才の時に、ああいいなあと感じてシャッターを押しました!!
手前味噌我ながらいい感じです!!

この時は、靴を脱いで、撮影許可の声掛けをして田んぼにハマりながら撮影しています。

ブログ村に再び入村してしまいました。
よろしければ、ポチッとお願いします!!
更新の、はげみになります!!
毎日の更新は難しいと思いますが、今後ともよろしくお願いします!!
ポチッとした、この先に素晴らしい蒸機画像がきっとあります!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

鉄路漂流 ―遠き 旅の空から― 第25話 「ふるさとの暖炉汽車」 

鉄路

鉄路漂流 ―遠き 旅の空から― 第25話 「ふるさとの暖炉汽車」  1987年

客車から、ユラユラと石炭ストーブの煙が立ち上ります。  

姿、形は変われども、今年も津軽鉄道ではストーブ列車が走っています。

ブログ村に再び入村してしまいました。
いつも、弊ブログをご覧いただきありがとうございます。
よろしければ、ポチッとお願いします!!
毎日の更新は難しいと思いますが、今後ともよろしくお願いします!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

鉄路漂流 ―遠き 旅の空から― 第24話 「昭和時代の幻影を求めて」 

釜石

鉄路漂流 ―遠き 旅の空から― 第24話 「昭和時代の幻影を求めて」 

21世紀の現代、北海道から九州まで観光用の蒸機が全国で走っています。
蒸機の細かい改造や、ヘッドマーク、不自然な客車、電化区間での走行etc・・・。
今更、異論を唱えても仕方がありません。

そのほとんどが本物の蒸気機関車なのです。蒸機を五感で感じられることは素晴らしいことです!!
蒸機の運行に携わる関係者の地道な努力に頭が下がる思いです。

そんな中で、僕好みの“蒸機写真”を模索して見ます。

僕自身が“ガキ鉄時代”に感じたような“昭和時代風の一枚”を選んでみました・・・。

ブログ村に再び入村してしまいました。
よろしければ、ポチッとお願いします!!
毎日の更新は難しいと思いますが、今後ともよろしくお願いします!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -